ベトナムで英語教育を行うための労働許可の取得方法

あなたは、ベトナムには夢の仕事があり、入国するだけで、全てがうまくいくと思ったかもしれません。

ベトナムの労働法において、外国人は法的にベトナムで働き、就労ビザを更新するために労働許可の申請と取得が必要です。申請書を適当な期間内に提出する必要があり、それを怠ると、ビザの有効期限が切れた際にベトナムからを離れなければなりません。

ベトナムの就労ビザを申請するには、以下が必要です。
大学の学位またはそれ以上の学位。一部の分野では、専門技能の証明書を使用することもできます。
仕事の契約。
就労許可を取得するための雇用主からの支援。

必要要件(就労者向け)
1.就労許可申請書-滞在するベトナムの司法省またはホーチミン市で入手。住所は、ホーチミン市141-143パスツール通り6区3地区。本来は大学側が行うべきことですが、あなたがベトナムで仕事をするか、あなたの代わりに誰かが働く、そのどちらかの一方の仕事の契約を結んだときに就労許可を申請することができます。
2.就労許可申請用紙-テンプレートを請求してください。
3.犯罪経歴証明書:6ヶ月以上ベトナムに滞在した場合、あなたが住んでいるベトナムの町の警察署が発行した犯罪経歴証明書を取得する必要があります。ベトナムにいない場合または6か月未満滞在した場合は、自国の警察署から取得する必要があります。
4.専門技能、学位証明書のコピー:これは、大学の学位やそれ以上の学位、特別な専門技能の証明書(例えば、会計士の証明書)などを指します。証明書はベトナム語に翻訳され、翻訳版が原本と同様の効力を持ち、ベトナムで合法的に使用できることをベトナム政府機関が証明します。
5.健康診断:ベトナムで入国者向けの健康診断を実施する権限をもつ病院のリストがあり、このリストの病院のみ就労許可申請に必要な健康状態を証明することができます。労働許可申請書と申請用紙のテンプレートに病院のリストが記載されています。まだ、ベトナムにいない場合は、自国の病院で健康診断を受診することで就労許可申請を行えます。その有効期間は6か月間です。
6.パスポート写真付きの履歴書
7.3枚の新しいパスポート写真:ベトナムのパスポート写真の基準に従ってください。
 1.頭に被り物を着用しないでください。
 2.眼鏡またはサングラスは禁止です。
 3.絶対に正面から撮影してください。
 4.笑顔は禁止です。―オーストラリア人を意味します!
 5.耳を出してください。
 6.白いシャツを着用してください。
 7.写真のサイズは3 x 4 cmでなければなりません。
 8.写真の1年以内のものを使用してください。

必要要件(雇用者向け)
有効な労働契約書。
会社のライセンス(政府機関の認識を受けたコピー)
就労許可証明書。
外国人労働者を雇用のための政府の承認証明書。
ベトナム語でない書類は、ベトナム翻訳事務所で翻訳し、文書の正当性を証明するための捺印が必要です。
ベトナム語で書かれている書類または書かれていない書類で、そのコピーが必要な場合は、ベトナム政府機関によって証明されたコピーを入手する必要があります。
これらの書類を準備が整い次第、就労している省または市の労働社会福祉サービスに送付してください。同サービスは、その就労許可申請や15日以内に必要な変更を承認するかどうかを知らせる必要がります。
注:観光ビザは以前と同じ効力を持ち、1か月間の観光ビザを使用または延長することは認められています。

必要要件が多いことは承知していますが、親切な学校で働いているならば、早急にビザを用いて従業員を支援し、質問に回答でき、必要な書類を提供し、それらを代行してくれることもあります。就労許可証を取得するために、学校側は、次の書類を含んだ申請書を教員の代わりに提出する必要があります。

・大学の学位(BA以上)、教員認定(TEFL、TESOL、CELTAなど)
・犯罪経歴証明書(6か月以内のベトナム滞在の場合、教員は自国の犯罪経歴証明書を用意する必要があります。6か月以上の滞在の場合は、ベトナム警察の証明が必要です。)

就労許可取得のために世界で最も認知されているTEFL資格やケンブリッジCELTAを学ぶ必要はありません!ベトナムのコースを見るなら、こちらをクリックしてください。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です