ベトナムの労働権:ユニリーバ社の進歩と組織的課題

2011年に、オックスファムは、ユニリーバ社の労働権に関する高度な取り組みとベトナムの労働者たちの現状とのギャップ調査を公表しました。同機関は、2011年以降の進捗状況を見直し、同社全体の効果的な指導を行った結果、人権と労働権を尊重するための全体的な取り組みが強化されていることを明らかにしました。

この記事では、オックスファムが、同社の次の段階での社会的影響や調達方針、サプライチェーン全体の労働者達の生活へ実際に変化を及ぼせる善意の政策作りに取り組むべきであるという3つの重要な問題を明らかにしています。

・ベトナムのユニリーバ社の供給業者は、まだ、労働権の変化と基準の改善のためのビジネスケースを手にしていません。
・収入と性の多様性を向上させるために、より多くの取り組みが必要です。
・この記事で取り上げられている組織的問題は、全分野に影響を及ぼしています。ユニリーバ社はこれを受け、否定的な人権侵害の根本的な原因解決に取り組み、その進捗状況を公表することを約束しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です