ベトナムファッションの将来

技術者とデザイナーは、革新的で新しい生地とファッション産業を作り変える製造プロセスを創り出すために結束しています。

ファッション産業に対する技術面での影響は、1804年の機械式織機の発明による最高点をまだ越えていません。世界初のプログラミングされた機械である、Jacquard社の織機は製造業やバベッジ氏の発明品の先駆けとして、現在のコンピュータの基礎の形成に革命をもたらしました。

中世の現在2.4兆ドルと評価されているファッション産業は、競争力を維持するための研究開発に頼らず、今日の製造業の状況は19世紀のラダイト(19世紀初頭のイギリスで機械化に反対した熟練労働者の組織)によく見られるものでした。

Under Armorというスポーツウェアブランドの創設者であるケビン・プランク氏は、「私たちは100年前と同じ方法でシャツを作り、そして侮辱しています。」と述べています。
しかし、これは、言い換えられ、プランク氏は、「より良い製品を作り、より効率的に製造するために、どのような技術を我々は活用できるのでしょうか。」と尋ねています。

強要された改革
ファッションの改革をめぐる停滞状態は、解消しています。2021年に市場シェアを6.6%から16%に引き上げるための受注生産システムの獲得を望むAmazon社などの企業の侵略によって強制され、ファッション業界の競争は激化しています。

Google(Levisとの共同作業)やIntel(フセイン・チャラヤンと Opening Ceremony社)を含む技術系最大手企業は、スマートフォンに匹敵する次の改革を見つけるために、ファッションブランドとの提携を検討しています。

一方では、長年の社外秘を経て、バイオテクノロジーの静かなる革命が、最終的には、製造業そのものを変える新規素材分野にもたらされる可能性があります。針と糸で衣類のパーツを縫う代わりに、2025年までにDNAを用いた研究所で、衣服を培養できるようになります。

持続可能性の課題
この革命の背後には、石油化学の次に、ファッション業界が世界で最も汚染された産業の第2位に位置し、資源の切迫した危機とそれらが引き起こす環境汚染があげられます。1組のジーンズを生産するには7000リットルの水、大量の染色のための化学物質が必要です。毎年600億平方メートルの裁断された材料が、工場の床に捨てられています。そして、高消費、低価格の商品の約75%は、毎年800億ドルを生産され、最終的に埋め立てられ処分されます。

意外にも、合成繊維(20世紀の物質革命の最大の貢献物)は、近年化粧品業界から、使用禁止処分を受けたマイクロビーズよりも海洋生物に影響を与える可能性があります。ニューサウスウェールズ大学によると、フリースのような衣服から得られるマイクロビーズは、洗濯によって水道や川に入り、海岸線の人工ゴミの85%を占め、今や食物連鎖にも影響しています。

「針と糸で衣類のパーツを縫う代わりに、2025年までにDNAを用いた研究所で、衣服を培養できるようになります。」

ファッション技術者のアマンダ・パークス博士は、「テクノロジーは、持続可能性を実現することができます。」と述べ、この見解は、ファッション業界でますます共有されるようになりました。パークス博士は最近、ファッションとテクノロジーを結びつけ、投資事業と商品開発を推進し、ハイテク企業と大手ブランドとの間にパートナーシップを作り出す企業、ロシアの起業家ミロスラヴァ・デュマによって設立されたFashion Tech Labに加わりました。

パークス博士によると、高級婦人服業界は、高額の研究費を負担する能力があり、驚くべきことに、その生産には時間がかかり、その価値は希少性を前提としており、生産コストが非常に高いので、上記の研究と多くの共通点があります。

将来の見通し
バイオテクノロジーの低下しているコストは、物質革命の急増を引き起こしました。何千年もの間、人間は衣服をつくるために動物の皮を使用していましたが、ニューヨークに本拠を置くバイオファブリケーション(機能的臓器や組織の創出技術)企業のModern Meadow designsは、コラーゲンで作ったバイオファブリケーションの皮素材を培養しています。

「私たちが物質を構成する方法は、いくつかの別の工程を一つにまとめて、水やエネルギー、化学物質(染料や処理薬)を大量に節約できる方法なのです。」と、Modern Meadows社のCCOのスザンヌ・リー氏は述べています。

社員たちは、ギリシャ神話の「アラクネ」として祭り上げられる蜘蛛の糸から作れた非常に強靭で、軽量な生地の開発にも参加しています。日本拠点のスパイバー社は、ワンオクジャケットをThe North Face社と共同で制作した。また、ドイツのAMSilk社はアディダスとスニーカーを生産し、カリフォルニア州のBolt Threads社は、Patagonia社のアウトドア部門で開発を担当しています。このように業界全体で取り上げられれば、生産方法の変更の可能性は、非常に大きくなる可能性があります。

現在の製造、供給体制を打ち破るために、adidas社やUniqlo社、Armor社などの大衆市場ブランドは、店頭で靴底の3Dプリントや靴の甲皮、生地の3D編みを実験しています。同時に、世界初の完全自動縫製機Sewboは、ファッションをハイテク産業に変え、生産ラインを米国に戻すことさえ期待されています。

テクノロジー強化されたアパレル業界は、パークス博士によって実現の可能性の見通しが立てられている温度制御繊維を、衣服の最も基本的な機能の1つに取り組める可能性があります。「身につけている服で最も肝心なのは、温度調整ができ、あなたの体調を守ることです。必要に応じて、温めたり冷やしたりできることは、大変有用なことだと考えています。」と博士は述べています。しかし、ファッションの機能は、美学と密接に結びついており、博士は、デザイナーと技術者がお互いに学ぶことはたくさんあると信じています。
 
技術者たちは、技術的な可能性を理解していますが、衣服の着用や消費者が求めることにたいしてあまり理解できていません。Fashion Tech Forum社の創業者であり、タレントマネージャーであるカレン・ハーヴェイ氏は、ハイブリッド企業がエンジニアとデザイナーの両方を雇用して、優位に立つことを期待しています。「技術者は、もしファッション業界に関わりたいなら、その美しさを認識する必要があります。私たちは、どちらか一方を犠牲にする必要はありません。」と同氏は結論付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です