ベトナム労働者のための第4次産業革命の課題

生産性向上を図るために生産ラインの労働者を機械に置き換え、賃金と管理費を削減することで、余分なコストを発生させないようにする第四次産業革命(Industry 4.0)に備え、国営企業と地域企業が労働者訓練に力を入れるべきであると、ベトナム産業の専門家は感じています。

ベトナムの繊維・衣料品産業の従事者の多くが基本的な技術を持っているため、Industry 4.0に大きな影響を与える可能性があると、アジア太平洋経済の完成のためのベトナムと日本との協力に関する最近の会議の際に、ベトナム繊維・衣料品グループ総支配人のル・ティエン・トルン氏が述べています。

経済学者のル・ダング・ドアン氏は、Industry 4.0では、全ての国の労働者たちが困難な状況に直面していると考えています。多くのベトナム企業がすでに、自動化への投資を始め、数百人もの労働者たちが解雇し、今後15件間で、ベトナムの衣料・履物産業の労働者の約86%が失業する可能性が高いと、ベトナムオンライン新聞のドーアン氏は考えています。

ベトナムの履物産業も似たような状況にあると、ベトナム革靴協会会長のグエン・ドゥク・トゥアンは語っています。

大学や機関もまた、最新の技術と知識を伝えるためにカリキュラムを改訂しなければならないと、専門家たちは考えています。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です