映像学科生のリボン絵に対する本気の情熱

彼女は、映像学科の修士号の取得に励みながら、ビーズで飾られた精巧なリボン絵の作成に、毎日数時間を費やしています。そして、完成品を街で開催される展示会への出品も始めました。

1日でリラックスできる時間は、リボン絵作成が完全に仕上がった場合の、就寝前の2時間しかありません。

全て手作業で、大きさや長さが違う多彩なリボンを木の葉の絵や静物画をイメージしながら刺繡しています。

リン氏(27歳)は、その修士号の取得で忙しいのにもかかわらず、長年培ってきた情熱をもって、未だに一日二時間をリボンの刺繡絵作成に充てています。

その刺繡絵に対する興味は、伝統的な手作業の刺繡絵のスペシャリストであった彼女の母親の存在が大きかったのです。

最初、彼女は、多彩な糸を用いた刺繡絵の技法から学びました。勉強を始めると、彼女は着々と成長し始め、海外の刺繡絵の本を読んだときに、刺繡絵作りは大変な興味深く、自らを奮い立たせるものであると実感しました。

新たな技術を学ぶために、通販サイトを通してロシア語や英語、ドイツ語の本の注文も始めました。

「ロシア語やドイツ語は理解できませんが、注文した本には写真がたくさん載っています。
」「私がリボンの刺繡絵を使いこなせるようになってからは、独自の方法で作品作りを始めました。」
とリン氏は語ります。

生き生きとした花々を表現するために、針を使って綿やビーズ、糸をリボンと組み合わせます。秋の果実や花々の場合は、瑞々さの要素として、リボンの中に綿を詰め込んで小さなイチゴを作り上げます。

「柔らかなリボンとその光沢のある色が、花を刺繡するのに最適なのです。私はお花が大好きです。風景や動物を刺繡しようとは思いましたが、花を刺繡するときが一番楽しいですね。その絵をみると、花が震えて、その香りが空中に漂っているように感じます。」

リン氏によると、リボンを刺繡する方法はたくさんあると言われ、例えば、バラのリボンを作る4つの基本的なテクニックがあります。基本を守る一方で、彼女は、常に創造的に考えながら刺繡に挑戦しています。

彼女は題材を海外から購入して、それをキャンバスや紙に刺繡します。
同じものを作ることは決してなく、作品ごとに、新たな発見や色調の適切さや刺繡技法の学びがあります。

最も小さい作品は40cm×50cmで、大きな作品は1.1m×1.9mもありました。
小さなものを完成させるのに、1日2時間の作業で、約1か月かかります。

作品が完成すると、天候の変動で傷まないように、ガラスフレームで保護します。
海外に送られる場合は、保護の必要ではありません。「ガラスが無ければ、作品がより生きているように感じます。」と彼女は語ります。

小さなリボン絵の販売業は、彼女と他の愛好家を結びつけるきっかけとなり、
ハノイ市で花屋を営むマイ・リー氏を含む、全ての常連客と友人関係を結ぶことができました。

Ly氏によると、今年の3月に、ベトナム女性博物館で開催された展示会に並んでいた、彼女の作品に魅了されたそうです。

「どの作品も、色鮮やかで生き生きとしていました。」「美しいリボンの花が、どれほど美しかったかを表現するのは難しいです。彼女の作品は独創的でした。本当に独創的でした。特に、私の店に飾ったものを眺めると、愉快で心地良い気持ちにしてくれます。世界教師デーの贈り物として、新鮮な花では、すぐに色褪せてしまいますので、私の先生のリボンの花刺繡絵をプレゼントしましたら、大変喜んでいただけました。」とLy氏は語ります。

リー氏にほかにも、実業家の方との出会いもありました。

それは、彼女が初めて作品を公開した際のことでした。張り切ってデビュー作である「春の花」を展示していました。その作品は非売品であり、展示するだけだと彼女は考えていました。

しかし、店員はそのことを知らず、彼女の作品に興味を持った男性に売ってしまいました。

ブースに戻ってきた彼女は、作品を永遠に失ったという喪失感からパニックになりました。
知恵を絞って、周りの参加者に彼について尋ねて回ると、幸運なことに、博物館の職員が彼の連絡先を知っていました。

「作品を返して欲しいと彼に連絡することは、大変恥ずかしく思いました。」
「私の最初の作品は誰にも売るつもりはなかったと説明しました、
私は、同じ作品を作らないので、全く同じではないが、似た作品をもう一つ作ることを約束しました。」

最終的に男性から合意を得て、二つ目の「春の花」が現在、男性のオフィスに飾られています。
彼女は、自閉症を患う20歳のいとこに刺繡絵を教えています。その女性は、腕を組んで座り込み、ほとんど誰とも話そうとしないので、縫い方を教えるのに、数か月がかかりました。

「刺繡絵を教えることで彼女を元気づけ、刺繡絵を作るときに喜んでいる姿を見せてくれることが、本当にうれしく思います。」

リン氏にとって、映画撮影法は単なるキャリアであって、彼女の喜びや生きがいとなっているのは刺繡絵作りなのです。

12月12日に、ハノイ市スエティン通り31番地のCofflower Coffee Shopで、二回目の展示会が開催されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です