ベトナムファッションのブーム

最近ベトナムでは、ファストファッションの人気が急速に高まっており、地元の繊維会社や衣料企業には、挑戦とその機会が求められています。

ベトナムのアパレルメーカーでは、世界規模で成長しているファストファッションのトレンドに対応し、躍進させるための機会が必要と、繊維・衣料品分野の専門家たちは、考えています。

Zara社ブームの後、スウェーデンのアパレル小売業であるH&M社がホーチミン市でアウトレットモールを開いたとき、地域市場は再び賑わいました。最近のベトナムへの国際ブランドの参入は、消費者達からすぐに受け入れられましたが、地元企業にとっては大きなプレッシャーとなっています。

ZaraやH&M、Topshopは、中流層向けの手ごろな商品を持つファッションブランドではありますが、ベトナムの若者達に大変人気です。ファストファッションとは、大衆市場の小売業者達が、高いファッションデザインを低価格の衣類やアクセサリーへ、低価格で販売することを意味します。ファストファッションの言葉通り、そのスタイルは、4シーズンのファッションカレンダーではなく、1週間ごとのカレンダーに従うものに変化しています。

ホーチミン市の若者達が長い行列に並んでいたという話は、安価な海外商品への熱狂ぶりを表しています。このことは、より多くの海外ファッションブランドが参入している状況で、ベトナムの製造業者達に、顧客を再確保する方法について考えさせるきっかけになりました。

ユニフォームを専門とするスー・トゥ・バン社の最高責任者であるドゥ・フー・タン氏は、新たなファッショントレンドは、ファッション市場において、市場へ新たなトレンドを可能性な限り迅速かつ安価にもたらすために、生産プロセスを迅速化する現象であると述べました。

地元企業は、デザインの急速な導入によって市場で勝利するなど、海外のブランドから多くんことを学びました。ベトナム企業には、急速に変化するライフスタイルや消費者達のファッションの好みに対応できる優れたデザイナーを雇い、市場で衣料品の注文に対応できるようになる必要があります。

需要を満たし、海外ブランドと競争するために、地元企業は最新設備への投資を強化し、より優れた技術者を雇う必要があります。

ベトナム繊維・衣類協会(VITAS)のグエン・ティ・トゥイット・マイ副事務総長は、ベトナムにおける海外ブランドの存在は、ベトナムの生産体制と事業に対するプレッシャーや刺激をもたらし、結果的に、消費者達に多くの選択肢を与えるようになったと述べています。

ベトナム企業は長い間、海外の直接投資企業とのアウトソーシング契約に携わってきましたが、現在は新たなトレンドに対応できる独自の商品を生産することを求められています。

同協会は、企業のための世界規模の新たなトレンドを更新する手助けをするつもりです。

アパレル業界でシンガポールに本拠を置くテクノロジー企業である、ThreadSol社の東南アジア取締役のサウラフ・ウジャイン氏は、intelloCutを用いた最も正確な生地の裁断方法や、intelloBuyを用いた適切な価格での購入方法など、ベトナムのアパレル企業に革新的なソリューションをもたらしました。そしてそのソリューションは、企業が収益と利益を増やすことに役立っています。実際に、intelloCutは、生産者の売上高を毎年30%増加させ、毎年、1000万ドルもの利益を生み出しています。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です